2/19水瓶座新月のメッセージその1「パラダイムシフト」後の人生スタート

こんにちは。エルアシュールです。

2月19日は、今年二度目の新月でした。

そして、1月20日に続いて再び水瓶座で新月。

同じ星座で新月が起こることは稀です。

月は約27日で12星座を一周するため、

星座の始まりで1度目の新月が起きない限り、

次の新月の頃には太陽は次の星座に移動しているからです。

 

19日、水瓶座29度で新月がおきた直後(2分後)、太陽は魚座に移動します。

翌日20日、火星は牡羊座へ、 21日.それをおいかけて金星が牡羊座へ進みます。

この時期を境に、宇宙から降り注がれるエネルギーが大きくシフトします。

 

この新月の数日前 「パラダイム・シフト」 というメッセージがやってきました。

「パラダイム・シフト」とは、

「その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、

社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化すること」(ウィキペディアより)

2012年から2015年3月までに7回起こる時代変革をもたらした配置、

天王星と冥王星の90度によって社会の仕組み、人々の価値観が大きく変わりました。

最後の天王星と冥王星の90度は来月の3月17日です。

3月20日は、魚座29度という、ホロスコープの360度の最後の場所で、日食が起こります。

古い考え方を一掃するようなダメ押し的な現象が

個人レベル、社会レベルなどさまざまな場所で起こる可能性があります。

この春は激動期の最後の最後の浄化をしながら、新たな世界での人生がダイナミックに展開しはじめます。

それに先駆けて、新月の翌日、火星は12星座のスタートの場所へ移動し、2年間の新たな冒険を始めます。

パラダイム・シフトがおこり、価値意識が変化した社会の中で、

自分という存在をいかに表現していくか、どういう存在として、人生を送るかを自分で決めて、

そのために行動するときなのです。

その2に続く。

ABOUTこの記事をかいた人

スピリチュアルアストロロジャー&エンジェリックチャネラー、神秘学研究家。日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® 著書 エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。占星術、古代宇宙論、神秘学、チャクラ、意識の変容、宇宙の法則、神託、オラクルカード、易、タロットを研究中。