あれから2年・・・。明日は魚座の新月。

東日本大震災から2年が経ちました。
14時46分黙祷を捧げながら、大津波、原発事故、それに派生したたくさんの出来事によって気づきや警告を与えたこの震災を忘れてはいけない。と思いました。

そして、新月図を読み、その思いがますます強くなりました。

明日の4:45魚座で新月です。
太陽、月、海王星、水星、金星、火星と10天体中6つが魚座にあり、それが新月図の1ハウスに集中しています。
無意識や潜在意識の中にうごめいていた思い、こうなったらいいのにという理想から、新たなものが誕生するときです。
火星は魚座29度で、東日本大震災の天王星の位置と一緒
震災から2年たち、いまだ、あの時、あの場所で留まっている多くの人や魂に思いを寄せ、被災地の復興が進んでいない状態を再認識し、それに対して行動を起こすことが変化を加速させそうです。

何とかしないと。

一人でも多くの被災者の方たちが心の平安を取り戻せますように。

遺族を失った悲しみを癒し、や故郷に戻ることができるかわからない不安を取り除くことができますように。
といった、無意識から湧き上がる思いやヴィジョンが改革を後押しします。

魚座29度(30度)は「こうなりたいと思った理想の人間像にいつのまにか自分が近づいていることに気がつく」という意味の度数。
新月の起こる魚座22度は、
大いなる体験(東日本大震災)においてもたらされた認識(宇宙の法則や自然の摂理)を、日常生活レベルで伝達し、実行する必要性を表す度数。
それは、非常に大変であり、忍耐を必要としますが、その努力に報いるべき大きな価値があります。
大きな出来事の前で無力さを感じてしまいがちですが、日常レベルでできることから始めること、実践することが大きな救済と癒しにつながります。
それは、被災者の方だけでなく、多くの魂(自分自身も含めて)を救うことになります。

魚座は隠れている場所、隔離されている場所、簡単には触れられない場所の意味を持つため、いろいろなことが水面下で密やかに行われことになるでしょう。
そして、表面化したときにはそれはほとんど終焉しているようなことになりそうです。

秘密裡で行われることは、怪しげであったり、不正が行われたりする危険もはらんでいます。

それが最善の状態で行われるようにするためには、一人ひとりが高い理想を思い描くことが必須です。

あなたの人生においても、無意識の声に耳を傾け、それをどんどん実践に移していきましょう。

あなたが心に描き、それに対してアクションを起こしたことが人生の現実となり、目の前に現れるはずです。

土星と冥王星の60度が実現するために必要な変容を起こすのでたくさんのことをする必要はありません。

ただ、シンプルに無意識の声を拾ってできることをしていけばよいのです。