ホロスコープ(占い)は自分を制限するためのツール?

ホロスコープや占いは自分自身を

・こういうタイプ

と限界したり、ネガティブな思い込みを作ってしまう場合もあります。

・大したことないホロスコープだから、人生もたいしたことないだろう。

・努力しても無駄かもしれない。報われないかもしれない。

・結婚運が悪い。

・肉親との縁が薄い

・金運がない。

等々。

私自身も自分のホロスコープを見て、自分に制限をかけたり、「仕方がない。だって私はこんな配置なのだから」と言い訳?のように思っていたこともあります。

また、スピリチュアなことや精神世界のことを学ぶにつれ、意識や思いが人生を創造しているのに、自分や人のホロスコープを読むことで、型にはめたり、限界を作っているのだろうかと悩んだりもしました。

でも、やっぱり、私は星の動きや、ホロスコープを見ずにはいられなくて。

それは私にとっては理屈抜きに興味深くて、精神世界や神秘学での学びと占星術を融合させてみると、やっぱり、ホロスコープはブループリント(魂の青写真)で、現世の運命傾向だけでなく、魂としての資質やリソースを知ることもでき、今、自分が運命の流れの中でどのあたりにいるのかわかる頼れるツールだからです。

他の占いについても(セッションではホロスコープだけでなく、複数の占いを使っています)同じように活かし方、受け取り方で人生をより良い方向へと転換できる道具として実際、使っています。

ホロスコープの中に描かれている星の配置や占いの結果はプラス・マイナス両方があります。

それは表裏一体です。

私たちはその中から自由意志でどれを使うか選択することができます。

火星や土星は、凶星と呼ばれていますが、火星のある場所はその人が情熱やエネルギーを注ぐ場所、土星は責任や努力を求められる場所です。

それをどう使うかは自分次第です。

たとえば、7ハウス(結婚の部屋)の火星を、パートナーとの争いに使うか、パートーナーや周囲の人と、協調、協力に情熱を注ぐことに使うかは、ほかでもない、自分自身なのです。

ホロスコープの星を見て、

「こんなところにこんな星(配置)がある。だから自分は○○なんだ」

とネガティブな思い込みや決めつけをする前に、

それをどうやったらプラスに転換できるか、いかせるか、

人生を送るべき上で配慮すること、学ぶことはどんなことなのか、

なぜ、このような瞬間を自分が選んできたのか

に思いを馳せてみましょう。

また、別の視点から人生が見えてくるはずです。

<セミナー、ワークショップ情報>

【2020年10月19日(月)遠隔ヒーリングヒーリング&アクティベーション】】

金星と木星&冥王星が120度の日に行う。
宇宙からの豊かさを受け取るアバンダンス・アクティベーション&ブロック解放ワーク
【豊かさを加速する個別オラクルメッセージ付き】

個人セッション
無料メルマガ【ハート(魂)と宇宙からのメッセージ】

読者数6400名

星の運行情報、
今、宇宙から注がれているエネルギー、
宇宙の法則や叡智を使って、
最高最善の人生を創造するヒントをお届けしています。
人気のオラクルメニュー(すべて無料です)

◆twitter Follow me


気づきや更新情報などつぶやいています。

◆Facebookページ いいね!をありがとうございます!

Instagramもしています♪

 

シェアありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

アストロチャネラー。神秘学研究家。日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® エネルギーワーカー。 人生を生きる上で役立つツールとして、おもに意識の使い方、チャクラ、宇宙の法則、神秘学、スピリチュアル占星術、古代宇宙論、神話、神託、易等を研究中。 著書 宇宙が描いた設計図 魂のブループリント(ヒカルランド) エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。 ギリシア神話守護神占い(青春出版社)。 スター・ウォーズ占い(講談社)。 奥様は魔女恋愛魔法BOOK(講談社)。