上弦の月のオラクルメッセージ。「大天使ミカエルと大天使ラファエルを呼び、あなた自身や身近な人、この状況の全ての関係者から、恐れにに基づくエネルギーを取り除いてもらうよう要請してください。」

こんにちは。エルアシュールです。

今日は上弦の月。

昨日は、太陽と冥王星が90度で、今日の上弦の月には月と冥王星が重なっています。

人が心の中で持ちながらも、普段は見せない感情や隠していたこと、封印していたことが、外に出て、今まで保っていた均衡やバランス、調和が崩れたり、関係を変化させやすい配置です。

ここ数日、重苦しさを感じたり、恐れや不安を感じるような出来事があったかもしれません。

過去の出来事に対して怒りが湧いてきて、誰かに恨み言を言いたくなったり、自分を守るために過度に攻撃的になったりする場合もあります。

出てきた感情にのまれたり、暴走せず、といって抑え込まず、その感情を受けとめ、淡々と見つめましょう。

今、最高最善を生きるためのオラクルメッセージです。

「エゴは脇に置いて、大天使ミカエルと大天使ラファエルを呼び、あなた自身や身近な人、この状況の全ての関係者から、恐れにに基づくエネルギーを取り除いてもらうよう要請してください。

恐れをミカエルがバキュームで吸い込み、その上から、ラファエルによって癒しの軟膏が塗られるのをイメージしましょう。

さらにミカエルは恐れの影響を消すと同時に、あなたやあなたの最愛の人達に守護をもたらし、緊迫した場面で行動する不屈の勇気を与えます。

人生に変化を起こそうとしていたり、大きな壁を乗り越えようとしていたり、心が押しつぶされそうになっているのなら、果敢に進めるようミカエルにガイダンスサポート求めてください。

勇気と自信を高めるために心の底から唱えましょう。

『大天使ミカエル、どうぞ、今ここにきてください。

恐れを断ち切る剣と平和の盾を私に貸し与え、力強さと勇気を学ばせてください。

感情的、肉体的、経済的、エネルギー的、霊的に安全に守られるようにサポートしてください。

ありがとうございます。』