今回の満月はいろいろな意味で整理整頓、解放を行うのに良い日です。

明日の明け方、魚座太陽と乙女座月で満月です。

満月図を眺めて、1、4、7ハウスの太陽、月、木星のTスクエア、柔軟宮に星が多く、地震が気になる配置だなと思っていたら、栃木県で震度5強の地震がありました。
被災された方にはお見舞い申し上げます。
まだ、余震が続いているとのことですので、警戒が必要だそうです。

今年は気学でも五黄土星の年でもあり、春分までと柔軟宮に星が集まる5月末から6月頃は地震や自然災害が気がかりです。

満月の話に戻りますが、満月というのは占星術的には完成や完了を表します。それとともに不要なものを手放すのに適した日でもあります。

完成するのは新月で生まれたことです。

今回の満月は、先日の水瓶座の新月で生まれたユニークなアイデアやひらめきが形をなし、最初は、ちょっとした遊び心やお楽しみ程度だったことが、次第に社会や人に影響を与えたり、役に立ったり、助けたり、情報として発信したりという形へと大きく育ってきました。
その結果、そのためにはあれもしなきゃ、これもとフォローしておかないとという思いが出てきて、どんどん拡大してきました。

今回の満月は太陽と月の間に木星があるTスクエアという物事を不要なところまで広げるエネルギーが強く働いています。

そして、拡張や発展の力が過剰に働くため、手を広げた結果、最初の遊び心やユニークさが抜け落ちてしまったり、独創的だったものが多くのニーズに合わせるために平凡になってしまったりという展開を招いたりします。

前回の水瓶座の新月は社会的な賞賛や評価を得ても、結局自分が楽しくないと満たされないという度数でおこっているので、せっかく生まれたアイデアやひらめき、新しくスタートしたことは、このままでいくと、本質が抜け落ちてしまうことになります。

だから、この満月のエネルギーを使って、解放していくといいのは、この半月の間に生まれ、育った何かの中にある義務感や不要なオプションです。

二兎を追わず、純粋な喜びを追求するとスムーズに行うことができます。

この満月は何でもかんでも、助長するエネルギーがあるので、このところあれもこれもと詰め込みすぎたり、やりすぎていたりしたことがあれば、整理してみるとよいでしょう。