土星蠍座から射手座へ。その1 蠍座土星と無縁社会

本日(2014/12/24)、土星が射手座に移動しました。

風景, サイエンス フィクション, 土星, 外国人, スペース, 宇宙旅行, 惑星, 表面, リング, 天文学

土星蠍座は重かったですね…。

蠍座の土星は、
フラストレーションと孤独感
を意味します。

ここ数年、
「無縁社会」
「無縁死」
「孤独死」
のことが話題になりましたが、
これは、蠍座の土星を象徴するフレーズです。

蠍座は、人と深い絆や親密感を求める一方で、とても、疑り深い星座。

土星は制限や恐れをあらわします。

この組み合わせは、
人と深いところでつながることへの恐怖心を意味します。

その根底にあるのは、
誰かと深く関わることで、
面倒なことを押し付けられるのではないか、
コントロールされるのではないか、
何かを制限されるではないか、
という恐れです。

でも、人との深いつながりがないのは、寂しいし、不安。
でも、ややこしいこのも
何かを背負わされるのも
自由を奪われるのも嫌!
人に頼られたところで期待にこたえれない自分
役に立てない自分も見たくない。

蠍座の土星はそんな葛藤やお金や人への執着心、
自分や他人の本音や欲望、
ふだん隠している裏の顔を見せながら、
学び成長する機会を与えてくれました。

だから、多くの人にとって蠍座土星期はキツかった。

しかも、夏からは木星が獅子座に入って、
光と闇のコントラストがいっそう強まったので。

自信を持って前向きに生きようと思っても、
深い部分の心の闇や恐怖心がでてきて
揺さぶられる
といったことが繰り返されたかもしれません。

でも、土星が動いたので、この学びに関してはいったん終了~
となります。

6月15日に再び蠍座に戻ってきますが…。

土星が動くと、学びのための悩みや試練もまた変わっていくので、
今までの問題や悩みにケリがついたり、
解放されて
「やれやれ」
という状態になっていくことでしょう。

そして、今度は、
土星が射手座に進むので、
問題点、学びどころが変わってきます。

土星蠍座から射手座へ。その2に続きます。