太陽さそり座入りと日食と月食の間は魂からのサインやメッセージがやってきやすいとき。

メルマガのバックナンバーです。

 

こんにちは!光海です。

太陽が昨日、蠍座に進み、水星、火星と会合に向かっています。

強い感情が揺さぶられるときであり、
情熱や欲望に基づいた行動によって
大きな変容が起こせるときです。

ずっとやろうやろうと思いながら、
先延ばしにしてきたこと、
過去に挫折したこと、
中途半端になっていること
を覚悟を決めて
エイっとやってしまうことをサポートしてくれる星回りです。

とくに、今は、日食と月食の間なので、
気づきが多く、
「変容」効果も高いでしょう。

 

日食と月食は、「変化」のときです。

これは、私たちを本来の道(魂の計画)へと
進ませるための変容をうながします。

ガーンとくるような出来事や
「もうこんなのは嫌だ」
「終わりにしたい」
という強烈な感情や
「なんとかしなきゃ」
という焦りは
変容をうながすためのメッセージです。

それ以外にもこの時期、
繰り返しやってくるサインや情報も重要です。

私は、この日食と月食の間に

「馴染みのあるパターンと環境を変える」
「瞑想」
というキーワードが
さまざまな角度からやってきています。

たとえば、最近

『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』

『あなたという習慣を断つ ― 脳科学が教える新しい自分になる方法』

という本を読んだのですが、
この二冊は
まったく異なるタイプの本にも関わらず、
似たようなことを伝えています。

それは、

『今の現実を作っているのは、
これまで意識を向け、
繰り返し行ってきたこと(習慣)の結果。

現実を変えたいのであれば、
その習慣を変えれば良い。
そこを変えなければ、変わらない。』

その現実を変えるために、

『自分の理想の体型の人を観察して、
真似をする。』

『瞑想法によって、
潜在意識に刻まれたプログラムやトラウマを解消する。

なりたい自分をイメージする』

といったようなことがそれぞれ書かれているわけです。

さらに、
先日の神秘学サロンでは、
『メルキゼデクの教え 』(ナチュラルスピリット刊)を
編集者さんから
「先生がされていることと似ている本だから」
といただきました。

こちらの本は、
ハイアーセルフとつながり直し、
ハートから創造し、
自分が本当は何者であるのかを思い出すためのエクササイズや
魂、ライトボディ、チャクラ、神聖幾何学、メルキゼデク意識について書かれています。

私が好きで長年やってきたような
スピリチュアルワークが
コンパクトに詰め込まれています。

昔からスピリチュアルワークやメソッドが載っている本が好きで、
かつては毎日、熱心にしていたのですが、
いつの間にか仕事がとても忙しくなったりで
気が付けば、一日が終わるという状態が続いていて、
以前ほど時間がとれなくなっていました。

忙しくても、瞑想やエネルギーワークに
たっぷり時間をかけているときのほうが、
心の充足感も高く、
外の世界で起きる出来事も
望んでいたことが叶っていったり、
いろいろなシンクロニシティが起きていたなと
感じます。

そのほかにも棚を整理していたら
大昔に買った瞑想本も出てきて、
それにもどんなに瞑想が効果的であるかが書いてありました。

どうやら、私の魂は今、
これまでの習慣を変えることと
瞑想、エネルギーワークに力を入れることを
強烈にプッシュしているようです。

つまりは、外よりも内側を見なさい。
自分としっかりとつながりなさいということですね。

それが魂の本来の道へ戻るための方法なのでしょう。

あなたには、どんな変化が起きていますか?

それは、あなたの魂からのどんなメッセージが込められていますか
ぜひ感じてみてください。

15日以降に自分自身がしていることや感じたことを書き出してみると良いかもしれません。

 

シェアありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

アストロチャネラー。神秘学研究家。日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® エネルギーワーカー。 人生を生きる上で役立つツールとして、おもに意識の使い方、チャクラ、宇宙の法則、神秘学、スピリチュアル占星術、古代宇宙論、神話、神託、易等を研究中。 著書 宇宙が描いた設計図 魂のブループリント(ヒカルランド) エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。 ギリシア神話守護神占い(青春出版社)。 スター・ウォーズ占い(講談社)。 奥様は魔女恋愛魔法BOOK(講談社)。