水星蠍座期を生かすには?

11/2、水星が蠍座入りしました。

水星が蠍座にとどまるのは今月の21日の明け方まで。

ほとんど20日くらいで射手座に行ってしまいます。

あっという間ですね。

水星は思考の星です。

太陽の意思をどうやって外に伝えるかは、水星が影響します。

水星が蠍座に入ると、秘密の話、ここだけの話が多くなります。

結果、あんまり情報が外に出なくなってきます。

いっとき世間を賑わせていた話題や大騒ぎしていたことも、

「そういえば、あの話って結局って、どうなったのかしら?」

という感じになります。

でも、話が立ち消えになったわけでも、止まっていることもなく、

ひっそりと、水面下で話し合いが進められているのです。

秘密裡に・・・という感じです。

そして、よくわからないうちに、そんな話になっていた。

そう決まっていた。

なんてことも起こりやすいときです。

だから、今、話し合いを進めたい人、目的を果たしたいということがあれば、

正面切って…

というよりは、影響力のありそうな人にひっそりと打診してみたり、内々に相談してっていう感じのほうがうまくいきます。

とくに10日頃と14日頃はその傾向が強いです。

 

また、蠍座の水星は集中力、洞察力、推理力、探求力が強みとなりますので、

この時期は、何か一つのテーマを深く掘り下げたり、徹底的に取り組むのに良いときです。

あれもこれもではなく、

「これっ」

と思うことにドップリのめりこむことで才能が発掘されたり、深い知識を得られたりします。

マニアックなことを学んだり、心理学の本を読むのもオススメです。