無為自然。宇宙の流れに委ねる。古代の賢者や叡智に触れる

こんにちは。エルアシュールです。

20代のとき、老子をはじめて読んだとき、

「救われた」

と感じました。

老子の世界観に触れて、心が楽になったのです。

 

私が老子を好きだといったら、ある人に、

「老子は弱者が読むものだ」

と言われたことがあります。

そんな彼女は、起業家を志していて、孫子の兵法などやナポレオンヒルなどを読んでいると言っていました。

目指すものや育ってきた環境が違うと座右の書も違いますね。

その話をしたのは10年以上前ですが、今は起業ブームだそうです。

とくに女性で起業家を目指す人が増えているのだとか。

これも、自分らしさを発揮してエネルギー交換をする水瓶座時代の流れだなと感じます。

そして、自分らしく働く形を模索している方も多いように感じています。

ホロスコープでも人それぞれあったワークスタイルを知ることができます。

仕事で成功している人は、

「自分らしいことを自分らしいやり方でしている人。」
です。

それは、老子の教えの一つの

「無為自然」(あるがまま)

と通じるところがあります。

それは、無理しない。

自分以外のものになろうとしていないから。

自分の内側のものを外に表出しているだけだから。

自然にあるがままというのは努力しないわけではありません。

自分ができることは最大限して、最後の最後は、あとは天にまかせる。

 

人為的に無理にものごとを動かそうとせずに
流れに任せて、自然にあるがままにある、という生き方を表現しています

努力はせいいっぱいするけれど、その先の最後の結果は天に任せる そういう生き方です。

射手座は思想や哲学とも関係する星座です。

今は、迷いやすい星回りでもあるので、古代の賢者の言葉や叡智に触れると生きるヒントをもらえそうです。

そして、どんな言葉や書が心に響くかで目指している場所やありたい姿が明らかになることもあります。

今日は満月です。

満月のメッセージはメルマガにてまもなく配信します。