癒しと浄化と気づきの旅。火星、土星、アンタレスが射手座で重なる時期に。

火星、土星、アンタレスが射手座で重なる時期に旅行してきました。

射手座は、長距離移動や海外に関わる星座です。

そこで、火星、土星、そして、アンタレス。
が重なるというめったにない星回り。
参考
http://www.tenki.jp/lite/forecaster/diary/y_nakagawa/2016/08/24/51821.html

こういうときに海外旅行をするとこうなるを身を以て体験してきました!

星の影響を肌で感じる。

貴重な体験です。

この星回りは、自分のホロスコープの星とはとくにアスペクトがなかったので、そこまで気にしていなかったのですが・・・。

この火星と土星とアンタレスが一緒に行った夫の出生のホロスコープの火星に乗っていました。

火星トラブル、土星、遅延、停滞。

そして、3ハウス。

まさに星回り通りということがいくつかありました。

日本から予約していったオプショナルツアーを直前にキャンセルされたり、バスに乗り遅れたり(時刻表通りの時刻に行ったら、すでに、発車していた)

でも、おかげで、行こうと思ったところにいけないのに、代わりに行ったところがすごく良かったり、見ず知らずの方に助けていただいたり、神秘と”癒しの島を体感できました。

そして、自然に癒されました。

自然の力は凄いですね。

初日、ホテルのプールサイドでダラーとしていたら、自分の肉体とオーラから、疲れやいろいろなものご、ジワーッと抜けていくのを感じました。

そして、私以上に中間管理職でストレスフルだった夫が表情から何からみるみる変わっていきました。

そして、それを加速させたのが、火星と土星とアンタレスのハプニング。

順風満帆より、こういう時にたくさん気づきがあって、解放や癒しが起きるのだなとつくづく実感しました。

そういえば、行きの飛行機の中で「ビリギャル」を見ましたが、ヒロインが塾に行くきっかけもタバコが見つかって停学になったことからでした。

起こった出来事とどう向き合うかですね。

導きを感じた場所。

ホナウナウの国立公園。

着いたのが夕方で美しい夕陽を見ました。

海の水が透明でクリアな癒しのエネルギー溢れる素敵な場所でした。

こんなところがあるんだと、でも、遠い昔、ここにいた気がするようなそんな場所。

<セミナー、ワークショップ情報>
残席わずかstrong>2019年12月9日(月)東京神楽坂 「イッテル珈琲」にて
2020年、最高最善の流れに乗る!
宇宙のリズムに乗って魂の本質を生きるための 瞑想&エネルギーワーク&お茶会

残32019年12月22日(日)
冬至デトックス瞑想会&金環日食セミナー

無料メルマガ【ハート(魂)と宇宙からのメッセージ】

読者数6400名
星の運行情報、
今、宇宙から注がれているエネルギー、
宇宙の法則や叡智を使って、
最高最善の人生を創造するヒントをお届けしています。



人気のオラクルメニュー(無料)

シェアありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

アストロチャネラー。神秘学研究家。日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® エネルギーワーカー。 人生を生きる上で役立つツールとして、おもに意識の使い方、チャクラ、宇宙の法則、神秘学、スピリチュアル占星術、古代宇宙論、神話、神託、易等を研究中。 著書 宇宙が描いた設計図 魂のブループリント(ヒカルランド) エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。 ギリシア神話守護神占い(青春出版社)。 スター・ウォーズ占い(講談社)。 奥様は魔女恋愛魔法BOOK(講談社)。