こんにちは。光海です。

11月13日さそり座で新月を迎えます。

10月は日食と月食があり、大きな変化の時でした。

それを超えてからのはじめての新月。

新月は、新しいサイクルのスタート。

さそり座の新月は深い変容、大逆転、復活、再生の始まりです。

日食には、今まであったものが消え、新しいものが生み出される生まれ変わりという意味がありますが、

さそり座も同様のことを意味します。

これまでもあったもの、これまでもしていたことを大きく転換する。

 

たとえば、古い小さな家が建っている場所に、それを壊して近代的なビルを建てるようなこと。

なぜなら、その家も古くなり、その街の環境も変わったから。

その土地に、小さな古い家があるよりも、近代的なビルを建てた方が、その土地、場所にあっていて、多くの人が有効活用できるから。

このように、さそり座新月はあなたが持っているもう古くてあまり役立たないけれども、形を変えればもっと力が発揮できる、

もっと有意義な使い方ができる、

もっと多くの人に求められる。

ことにフォーカスを当て、それを再生することをうながすでしょう。

 

また、あなたが、

「もうこれはやめた」

「これはいいや」

と放置していたことを見直して、

あなた自身や時代、環境に合ったやり方に転換して、

再びそれをするよう導く場合もあります。

 

さそり座の支配星は冥王星です。

冥王星は宿命、カルマ、宇宙との契約の星。

 

だから、あなたが積極的にやりたくはないこと。

でも、あなただからこそできること。

あなたがやると、人や社会に貢献できること。

をやらされることもあるでしょう。

 

それは、不思議な導きや霊的な体験から始まる場合もあります。

 

あなたのやりたい、やりたくないにこだわりすぎず、

今起きている出来事や、

何回も心から湧き上がる思いが、

あなたに何を伝えようとしているかに目を向けてみてください。

 

そうすれば、このさそり座の新月に宇宙から注がれるマジカルなパワーを享受し、

あなたの人生にパワフルな変容を起こすことができるでしょう。

 

加えて、この新月のそばには火星がいます。

さそり座の火星は心の奥にある深い欲望(desire)をモチベーションに、徹底的に行動します。

「絶対にこれを成し遂げる。

どんな困難があったとしても、私はこれを手に入れてみせる。

なぜなら、絶対、私が手に入れたいものだから。」

そういう強い気持ちで、覚悟を決めてスタートするのに適している新月です。