こんにちは。エルアシュールです。

 

今日は、上弦の月

moon-410127_640

さそり座の太陽とみずがめ座の90度

10月31日のさそり座の新月から始まったテーマに対して、一つの分岐点に差し掛かっています。

 

上弦図(上弦の月のホロスコープ)は、

独自性の追求力ある人や組織からの保護と癒着とそのリスク

ぶれない力

信念

ゆるがないもの

について私たちに考える機会を与えます。

 

権力者大きな組織とつながって、自己を変容させ、パワーアップするのが蠍座の側面。

 

でも、それは、自分の力を大きなものに明け渡すことやゆだねることでもあり、その力の意志目指すものに翻弄されたり、利用されたり、犠牲となる場合もある。

 

その力が失墜した時、自分も弱体化していく可能性も秘めている。

 

つながること共同創造は、みずがめ座時代の重要なキーワード。

 

何かが崩壊しても、そこから切り落とされても、離れることになっても、影響されないぶれない力。

翻弄されない、揺るがない自分自身。

独自の道。

を作ること。

 

それがあなたの進化に影響し、未来を大きく変えるでしょう。

 

今、あなたがつながっているもの、ゆだねているものについても再考するときです。

 

この延長線上にあなたの目指すものがあるのか?

 

それについてハートに問いかけてみても良いかもしれません。