こんにちは。光海です。

昨日は、故ジャニー喜多川氏の性加害問題で、
大きな転換を迫られているジャニーズ事務所の新体制に関する記者会見がありました。

 

前回の9月の記者会見は、リアルタイムで見て、
ヒガシとイノッチのホロスコープと、トランジットの星との関係について、
インスタにあげたりしましたが、今回は、仕事中で見れずでした。

 

今朝、ネットのニュースで、

『ジャニーズ事務所は、今後解体へと向かい、
新たにエージェント会社を立ち上げ、
タレント個人や「株式会社TOKIO」のようにグループが設立する会社と個別にエージェント契約を結んでいく』
という記事を読みました。

 

これは、まさしく、冥王星山羊座時代の終焉と冥王星水瓶座入り(2024年)を象徴しています。

 

これまで、所属タレントたちは、
事務所の強い後ろ盾を得る一方で、
「こういう映画への出演はNG」
などの支配を受けたり、
本人の意思に反することをさせられてきたかもしれません。

 

組織的な権力や支配、パワーハラスメントは、山羊座の冥王星の意味するところだからです。

 

一方、水瓶座は自由と解放の星座。

 

個性や独自性、独創性をいかに発揮していくか、
仲間、同志とのつながりは、
冥王星水瓶座時代を生きる上で重要なキーワードです。

 

タレントとの個別のエージェント契約は、
『大手芸能事務所では初の試み』だそうです。

 

このエージェント契約は、今までの大手芸能事務所に所属するよりも、
もっと自由に、さまざまな選択を可能にするでしょう。

 

一方で選択の範囲が広がるが故の迷いや悩みもありそうです。

 

そもそも、エージェント会社とは契約せず、他の事務所に移籍という選択もありえます。

 

この『選択』というキーワードもまた、10月15日の天秤座の日食のテーマです。

 

天秤座は、パートナー、1対1の関係、取引相手、協力関係を司る星座。

 

誰と結婚するか、
誰と組むか、
どこの事務所と契約するか、
どんな関わり方をするか、

 

これらはみな”選択”です。

 

さらに自分がいて、
相手がいます。

 

「自分がこうしたい。
相手にこうして欲しい」

というように相手にも意思や希望があります。

 

それをバランスし、一致点を見出す。

 

天秤座は、そのシンボルの如く、秤にかけながら。

 

相手を選び、お互いの利害や思惑の一致するポイントを見出して協力し、手を組む。

 

この選択は、人生の大きなターニングポイントとなるでしょう。

 

そして、これは、けっして他人事ではありません。

彼らだけでなく、これから半年間、世の中全体、多くの人が向き合うテーマなのです。

 

そして、この選択をする上で欠かせないのが、

自分軸。

自分の理想、ビジョンです。

 

芸能活動といっても、活躍の範囲はさまざまで、

持ち味、魅力、能力をどこで発揮していくか?

どんな部分をアピールするか、

メインとなる活動場所は、映画か舞台か、歌か、バラエティか、
それとも司会者やパーソナリティか?

日本なのか、海外なのか?

自分の才能を伸ばしたり、魅力を引き出してくれる人は誰なのか?

誰とつながるか?

が重要になってきます。

 

悔いのない選択をするためには、
自分を知ることが重要です。

自分の望み、特徴、個性、

何ができて、何ができないか、

何が幸せで何が苦痛か

何を大切にして生きていきたいか、

この人生で何を達成したいか、
誰とどんな関係を築きたいか

こういうことをハッキリさせておくと、

それにあった選択をすることができるでしょう。

 

選択やパートナーシップの再構築のスタートは、10月15日の金環日食(天秤座新月)から始まります。

ぜひ、今、もう一度、このことを自分自身に問いかけるときです。

 

10月22日のお茶会ではぜひ、そんな話も出来たらと思います。

29日は個人のホロスコープの日食、月食セミナーの影響を読み解くワークショップを開きますので、

ご参加お待ちしております。