2月23日おとめ座満月~3月9日の日蝕まではお金に関する不安や迷いを解放するチャンス

2月24日に配信したメルマガを一部変更したものです。

 

こんにちは。エルアシュールです。

2月23日3時19分に満月でした。

0e36f49b-e31d-40d9-b8f2-5299745bda40

今回の満月はおとめ座の月で起こります。

 

おとめ座といえば、去年の9月13日のおとめ座の新月は日蝕でした。

 

次のうお座の新月日蝕

 

日蝕は約半年に渡る新たなテーマを伴ったサイクルがスタートするタイミングです。

 

今回の満月は、去年の9月におとめ座の日蝕で始まった テーマの完了のときです。

 

おとめ座は「仕事」や「健康」に関わる星座です。

 

また、誰かの実務的なサポートお世話掃除整理整頓秩序を整えることにも関わっています。

 

多くの方にとって、この半年間のテーマはそれにまつわることだったかもしれません。

 

仕事のやり方社会的な役割の見直し、  

どのような形で人や社会に自分らしく貢献するか 、

健康面習慣にも関心が向けられたことでしょう。

 

それは、日蝕の影響だけでなく、 おとめ座を移動中の木星や、 やぎ座の冥王星にも関係します。

ですので、 今年の秋まではこのテーマは続いていきます。

ただ、今回の満月は一つの区切りとなり、その第一フェーズの完了の時です。

 

そんな今回の満月図には、うお座太陽のそばには守護星・海王星がいて、 私達が胸の奥に抱いている理想ヴィジョンを映しだしてくれています。

 

この半年間の関心事であった

社会の中で、どのように才能や個性、自分らしさを発揮して役に立つ。

かということに関して、

目標、理想ヴィジョンが、おぼろげながらもきっと見えてきたことでしょう。

 

それを踏まえて、 次の部分日食を伴ううお座の新月(3月9日)から、 大きなクリアリング浄化)と再構築が始まります。

 

今回の満月の太陽と月は、 お金の部屋である2ハウスと8ハウスにいます。

自分が何をしたいか、

何を望んでいるか

ということはなんとなく見えてきた。

 

でも、それがお金になるのか?

それによって望む豊かさを手にできるのか?

与えることと受け取ることのバランスをどうとればいいのか?

 

満月図は多くの人の中にあるそんな不安懸念を映し出しています。

 

満月は解放の時です。

 

それは、満月の日だけではなく、 満月から次の新月まで続きます。

 

今回は、うお座(太陽)とおとめ座(月)での満月ですので、

混沌としていることを整理する

不必要な感情や思い込み、 古い信念を解放するのに良いときです。

 

あなたの内側にあるお金や豊かさに関する 恐れや不安、思い込みを取り除くチャンスです。

 

そのためには、まずは、あなたが、お金を使うとき どんな気持ちを感じているか、

どんなことに使っているときは安心で、どんなことがあなたを不安にさせるのか?

 

本当のところ、お金に関してどんな感情や意識を抱いているのか知ることからはじめましょう。

 

 

あなたが豊かさを受け取ることを、制限する信念や恐れをじっと見つめてみましょう。

 

その恐れや信念を信じ続けることはそれに力を与えます。

いつしか現実になるかもしれません。

でも、別の信念に書き換えることもできます。

 

それをするのに良い時期が今なのです。

 

<セミナー、ワークショップ情報>
NEW!
2019年10月28日(月)蠍座新月
神楽坂「イッテル珈琲」にて
宇宙のリズムに乗って魂の本質を生きるための 瞑想&エネルギーワーク&お茶会

2019年11月24日(日)東京 新橋にて
金星と木星が射手座で重なる日に行う
宇宙の法則で愛と豊かさを拡大するソウルアルケミーセミナー



無料メルマガ【ハート(魂)と宇宙からのメッセージ】

読者数6400名
星の運行情報、
今、宇宙から注がれているエネルギー、
宇宙の法則や叡智を使って、
最高最善の人生を創造するヒントをお届けしています。



ABOUTこの記事をかいた人

アストロチャネラー。神秘学研究家。日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® エネルギーワーカー。 人生を生きる上で役立つツールとして、おもに意識の使い方、チャクラ、宇宙の法則、神秘学、スピリチュアル占星術、古代宇宙論、神話、神託、易等を研究中。 著書 宇宙が描いた設計図 魂のブループリント(ヒカルランド) エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。 ギリシア神話守護神占い(青春出版社)。 スター・ウォーズ占い(講談社)。 奥様は魔女恋愛魔法BOOK(講談社)。