8/11満月のメッセージ

満月

こんにちは エル・アシュールです。

台風、大雨、地震、突風とお盆前に自然が猛威をふるっています。
そして、明日、8月11日、3時9分、今年最大の満月です。

今回の日本の満月図は、水瓶座の月に支配されていて、天頂に天王星。

気候や日本の国土の状態を暗示する4ハウスには、トラブルの星・火星と試練の星・土星。
さらに土星は満月の太陽と月と90度。

火星と土星は、物事を徹底的に行う蠍座です。

「かつてないほど」、「甚大な」災害を起こす危険があるほど、猛烈な雨は、この影響でしょう。

土星を絡んだ不動宮のTスクエアは土砂災害を意味しています。

この配置は、
地球や国土の状態が変化していることだけでなく、世の中のしくみや基本的な事柄、常識がこれまで通りでないことを伝えているようにも感じます。

そんな満月のメッセージはこちら。

「熱くなりすぎていると気づかないことがある。

真面目に一生懸命生きていても、思うようにいかないことがある。

マニュアル通りにやっていてもうまくいかないこともある。

視点を変えてみよう。

非常識と言われても、変わり者と言われても。

今までのやり方を手放してみよう。

ありえない方法を試してみよう。

過去よりも未来に視点を移してみよう。」

満月図の太陽、月、土星、火星はみんな不動宮と呼ばれる星座にいます。

不動宮は信念が強く、変化が苦手。

雨の降る量ひとつとっても、かつては、一ヶ月で降った雨量が同じ場所で2,3日で降ったりする時代。

平均気温も5度くらいあがっているそうですが、お年寄りは、かつては夏に冷房なしで乗り切れたからと冷房をつけないために、熱中症で搬送される人も少なくないそうです。

この満月図で、太陽と月とともに調和しているのは、天頂の「天王星」

天王星は、革命の星。
現状を打破し、古い価値観を打破するエネルギーにあふれています。

過去の経験や慣習にとらわれていると、見えない可能性や新しい世界が、凝り固まった意識をちょっとほぐすだけで、視点や行動を変えてみるだけで目の前に広がってくるでしょう。

勇気を出して、異端者になってみる。
今までなら、しなかった選択をしてみる。
怖くてできなかった一歩を踏み出してみる。

これが、あなたを新しい次元へと押し上げます。

引き続き、台風、その他の災害にお気をつけてお過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。