12.天地否(てんちひ)

61

 

t_61
12.天地否(てんちひ)

「否」は否定の否で、塞がって通じないこと。

「天地否の時には人の道がまともに行われない。君子がいかに貞正を守って事を行おうとしても、行えない。大人が追い出され、つまらぬ小人がのさばっている時だからである」。

天は上へとのぼり、地は下へ下がるため、物事が和合せず、そむき合う状態を暗示する卦。

天地否の時は正しいことや常識が通じず、まさに「不毛」の時です。

運勢は真っ暗闇で、進展や発展は期待できません。
人との意志疎通もうまくいかず孤独を感じるときです。

時運に逆行しているので、今は、自重して半年くらい待ってから行動すると良いでしょう。
忍耐と努力でやがて開運に向かいます。

恋愛では、相手の心が見えにくく、カップルは危機に直面しそう。
しばらく冷却期間を置くとお互いに冷静になれます。

<セミナー、ワークショップ情報>
NEW!
2019年10月28日(月)蠍座新月
神楽坂「イッテル珈琲」にて
宇宙のリズムに乗って魂の本質を生きるための 瞑想&エネルギーワーク&お茶会

2019年11月24日(日)東京 新橋にて
金星と木星が射手座で重なる日に行う
宇宙の法則で愛と豊かさを拡大するソウルアルケミーセミナー



無料メルマガ【ハート(魂)と宇宙からのメッセージ】

読者数6400名
星の運行情報、
今、宇宙から注がれているエネルギー、
宇宙の法則や叡智を使って、
最高最善の人生を創造するヒントをお届けしています。