6/16双子座新月のメッセージ「夜明け前の静けさ。本質に立ち返るとき」

6/16 ふたご座で新月でした。

今回の新月は、ふたご座26度で起きました。
サビアンシンボルは、
「森の中の冬霜」

これは、
夜明け前の静けさ。
を表す場所です。

冬は、
逆境や停滞
を意味するシンボルです。

外気は冷たく、花は枯れ、動物たちは冬眠し、
深く静かにエネルギーを蓄え、春に備えます。

一方で、木々の葉が落ち、丸裸になり、物事の本質が露わになる時期でもあります。

逆境や孤独にあるとき、
物事が順調にいかないとき、
それを突破するカギは
本質に立ち返る
ことです。

それは、本当のあなたを思い出すということです。

「本当のあなた」
は、
「純粋な自分の高次意識(ハイヤーセルフ)」

「根源」
とつながっています。

そうすると、啓示やサポートがやってきます。

今回の新月から次の宇宙的シフトである夏至から満月までにかけては、
この
啓示
を受け取る期間です。

勢いのままに進むのではなく、
もう一度、
自分は何者か?
地球でどうありたいか?
何を表現し、どんな貢献をしたいか?
何に愛や喜びを感じるか?
どんなとき、自分自身と深くつながっている感じがするか?

を思い出す時です。

それが、あなたの古いサイクルから新しいサイクルへの移行をスムーズにします。